FC2ブログ

METALMETALMETAL

引っ越しました!こちらへ!⇒<a href="http://ameblo.jp/flyingv">http://ameblo.jp/flyingv/</a>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Commen(-)
キャロル・キング!
チケットが高かったのでだいぶ悩んだけど、やっぱり行ってしまいました。
行ってよかったーーーー!!!感動の嵐です!

正直、声出ないだろうなぁ。。。伝説を見ておくか。。。と思ってたんですが、とんでもない!
声も演奏もパフォーマンスもすばらしかったです。
ピアノとアコギを中心にヒット曲オンパレード、大満足の2時間弱でした。

それにしても66歳にしてあの声はすごいです。
年齢を感じさせるなんてことはもちろん無く、かえって若返ったような伸びやかな(そしてちょっとかすれた)歌声で、鳥肌立ちまくりでした。

不思議なことに、キャロル・キングの歌を聴くと、なぜか懐かしく、昔を思い出す感覚がしてきます。
自分がキャロル・キングを聞き始めたのは20代後半で、懐かしい部類には入らないのですが(懐かしさを感じるのは10代にリアルタイムで聞いていたものばかり)、とても暖かく懐かしく甘酸っぱい感覚がこみ上げてくるコンサートでした。

東京公演は今日が最終日でしたが、神戸であと一日あるようなので、関西方面で迷っている方がいたら是非行きましょう!
絶対後悔しませんよ。
スポンサーサイト
続・白蛇愛
来日公演からだいぶ経ちましたが、未だ感動さめない私です。
(mixiには公演期間中ミーハーレポート書いてましたがー)
今回は予想外にデビカバ正面2列目の席だったりしたこともあってか、いつにも増して言葉では言い表せない感動たっぷりでした。

そしてやっぱり泣きました。
そもそも音楽に対しては涙腺が緩い私ですが、白蛇は必ず泣いちゃいますね。
初日は今回はFool For...でやられました。(いつもはHeart Of The Cityなんですけどね)
二日目はなぜか何曲も何曲も涙が流れました。(前日も見ているし、席も前日ほどよくないにも関わらず)

音楽で泣けるというをわかる人とわからない人がいると思いますが、私にとっては下手な感動映画よりもやられます。
(まぁ動物映画には負けるけど(苦笑))
必ず涙が出るのは、白蛇とスコーピオンズ、かなりの確率でMSG。
毎回見てるわけじゃないけど、他にやられたのは、イーグルス、ポール・マッカートニー、ジョージ・ウィンストン、プリプリ(まぁ解散でしたし(笑))、フリートウッドマック。
ちなみにジョージ・ウィンストンとS.E.N.S.は、CDでも泣けます(^-^;;
そうそう、泣くと言えば、デビの場合、インタビュー記事を読んでても涙が出そうになります。
(白蛇がうまくいっていて、うれしそうなインタビューに限りますが)

コンサートの話に戻ると・・・。

やっぱりデビはスーパースターでした。
歌ってようが歌ってまいが、ギターソロが展開されていようが、目はデビカバにいってしまいます。
おれが大ファンだと言うことを差し引いても、全てをひきつける存在感があったと思います。
ちなみに2日目にいっしょに行った超ダグファンは、ダグの方が席から近いにもかかわらず、やはり自然と視線のほとんどはボーカルに向いていました。
彼自身から放たれるオーラ、というか会場内全員一人一人に訴えかけているかのような説得力。
他の5人やLeppsの5人が小物に見えてしまいました。(それぞれ相応のオーラをもったそうそうたるメンバーにも関わらず)
すっかり往年のオーラを失ってしまったマイケル・シェンカーやジミー・ペイジに比較して、年を重ねてさらに進化しているようにも見えました。
(そういえば、昔デビッド・ボウイを見たときもどうしても目が離せない感覚があったなぁ)

まぁ、いくら書いても「素晴らしかった!」しか出ないわけですがー(^-^;;;
なにが言いたいかと言うと、やっぱり
「ホワイトスネイクをめちゃめちゃ愛しているんだー!」
ってことですな。(なんのオチもありませんが)




いやー、それにしても今年は濃かった・・・。
メイデン、MSG、ジューダス、白蛇、(ついでにABBAもどきも(笑))
すっかりタイムスリップしたような来日ラッシュでしたね。

んで、来週はさらにタイムスリップして、キャロル・キング行ってきます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。