FC2ブログ

METALMETALMETAL

引っ越しました!こちらへ!⇒<a href="http://ameblo.jp/flyingv">http://ameblo.jp/flyingv/</a>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Commen(-)
激闘!マルチエフェクター(汗)
最近、毎週のように個人練習。
性懲りもせずマルチエフェクターと格闘中(汗)
あきらめが悪いというかー。。。







実戦投入は遠そうです。(汁)
スポンサーサイト
よいお年を! form サナッシュ
今年の大晦日はなぜか静岡サナッシュ!
ひさびさに見たKUNIさんとみさえのツーショットはやっぱ楽しかった!
来年はDUELもくるぜ!

よっちゃん(リガミリティア)とみさえ(ex-リアルテンション)と、ヘビーメタール!



今年の一枚!


ぶっちぎりでこれ!
他に思いつかない。(個人的思い入れ度200%)
続・白蛇愛
来日公演からだいぶ経ちましたが、未だ感動さめない私です。
(mixiには公演期間中ミーハーレポート書いてましたがー)
今回は予想外にデビカバ正面2列目の席だったりしたこともあってか、いつにも増して言葉では言い表せない感動たっぷりでした。

そしてやっぱり泣きました。
そもそも音楽に対しては涙腺が緩い私ですが、白蛇は必ず泣いちゃいますね。
初日は今回はFool For...でやられました。(いつもはHeart Of The Cityなんですけどね)
二日目はなぜか何曲も何曲も涙が流れました。(前日も見ているし、席も前日ほどよくないにも関わらず)

音楽で泣けるというをわかる人とわからない人がいると思いますが、私にとっては下手な感動映画よりもやられます。
(まぁ動物映画には負けるけど(苦笑))
必ず涙が出るのは、白蛇とスコーピオンズ、かなりの確率でMSG。
毎回見てるわけじゃないけど、他にやられたのは、イーグルス、ポール・マッカートニー、ジョージ・ウィンストン、プリプリ(まぁ解散でしたし(笑))、フリートウッドマック。
ちなみにジョージ・ウィンストンとS.E.N.S.は、CDでも泣けます(^-^;;
そうそう、泣くと言えば、デビの場合、インタビュー記事を読んでても涙が出そうになります。
(白蛇がうまくいっていて、うれしそうなインタビューに限りますが)

コンサートの話に戻ると・・・。

やっぱりデビはスーパースターでした。
歌ってようが歌ってまいが、ギターソロが展開されていようが、目はデビカバにいってしまいます。
おれが大ファンだと言うことを差し引いても、全てをひきつける存在感があったと思います。
ちなみに2日目にいっしょに行った超ダグファンは、ダグの方が席から近いにもかかわらず、やはり自然と視線のほとんどはボーカルに向いていました。
彼自身から放たれるオーラ、というか会場内全員一人一人に訴えかけているかのような説得力。
他の5人やLeppsの5人が小物に見えてしまいました。(それぞれ相応のオーラをもったそうそうたるメンバーにも関わらず)
すっかり往年のオーラを失ってしまったマイケル・シェンカーやジミー・ペイジに比較して、年を重ねてさらに進化しているようにも見えました。
(そういえば、昔デビッド・ボウイを見たときもどうしても目が離せない感覚があったなぁ)

まぁ、いくら書いても「素晴らしかった!」しか出ないわけですがー(^-^;;;
なにが言いたいかと言うと、やっぱり
「ホワイトスネイクをめちゃめちゃ愛しているんだー!」
ってことですな。(なんのオチもありませんが)




いやー、それにしても今年は濃かった・・・。
メイデン、MSG、ジューダス、白蛇、(ついでにABBAもどきも(笑))
すっかりタイムスリップしたような来日ラッシュでしたね。

んで、来週はさらにタイムスリップして、キャロル・キング行ってきます♪
白蛇愛
最近、好きな音楽が10代の昔に戻ってきてます。
いろいろ聞いて、いろいろ気に入って、ぐるりと回って戻ってきた感じです。
で、しみじみ感じるのが、おれ「Whitesnake」ほんとにほんとに好きだなぁ。。。と。
David Coverdaleその人とも言えるかな。
どの時代のとか、どのメンバーのとか全然関係ないです。
ほんと、全部好き!

それをとても強く感じたできごとがいくつかあって・・・自分がカバーバンドをいくつもやってて、大したうまくもないギターを弾いてることは思いっきり棚に上げて書きますが・・・PAGODAをはじめ色んなところで色んなカバーバンドを見る機会が増えてますが、それが下手だろうが、解釈がいまいちだろうが、楽しんで演奏してればたいがい微笑ましく見ていられます。
が!!!白蛇のカバーだけは違ったのです。
ちまたにホワイトなんとかとか、なんとかスネイクっちゅうバンドがいくつもありますが、上手下手の問題ではなく、なんか勘違いしたデビカバ気取りや、おまえ白蛇そんなに好きじゃないだろう?なギターを見ると、はっきり言ってむかついてる自分に気がつきました。
かなりイラっときます。
ちなみにMSGでもスコピーでもこの感覚はおきません。
ちゅうことで白蛇のカバーバンドはほとんど見ない今日この頃です。
(666を見てむかついてるメイデンファンがいるかもしれない、なんてことも思いっきり棚に上げまーす)

と、そんなこともありつつ、何が言いたいかと言うと、
「おれはWhitesnakeを愛しているんだー!!!」
ってことです。(^^;
(えー、ボキャブラリーが乏しいので、これだけですいません)


・・・なんてことを思いつつ、さー!武道館に向かいます!!(^^)v
足の先までIRON MAIDEN♪
じゃじゃ~~~~ん!!!ゲーーーーーット!!!


中身はこれ~~~~!!!(^O^)/Yeahhhhhh!


こんなとこにもTrooper!!!


Killersバージョンも存在するようです!

今年もまたMAIDENで始まる
初日の出とは前後しますが、今年の年明け一発目はこれ。


発表当時はなにかと物議を醸しましたが今となっては相当好きなアルバムです。

この後、「PowerSlave」→「Number Of ...」→「Brave New World」→「Killers」→「Piece Of Mind」→「Live After Death」→etc.etc......
とMaiden聞きまくりドライブの元旦でした。

2月には来日するし、自分も666ならぬ664でライブあります(詳細は後日)。

今年もMaidenたっぷりな一年になりますよーに。。。?
最低人間選手権
「お前には負けるよ」
「いやー、まだまだお前の足下にも及ばないよ」



史上最強バカの祭典「クレッシェンドラウプラ新年会」終了しました。
会場では、キス魔と化した危ないトム・キーファーが徘徊、つぶれるやつ多数。。。(苦笑)

打ち上げ(っていうのか?)では、うちのリーダーがご迷惑おかけしました。。はぁ。。。
SCORPIONS !!!!!!
PonferradaCoastIiCoast280280_s.jpg

突然やってきたスコーピオンズ!!
行ってきましたとも!
もーやっぱ最高っす。
新曲は3曲程であとはベストヒットパレード。
ベースソロ、ドラムソロをはさみつつ20曲(たぶん)、不満のないセットリストでした。

マシアスのモニターが不調だったこと、チューニングが下げてあった(曲により、半音下げと1音下げが半々くらいだったと思います)ことだけちょっと気になりましたが、演奏は安定してるし、盛り上げ方もうまい!!

そして、Still Loving YouとWhen the Smoke Is Going Downでは泣かされました。。。
お~~~

会社帰りにスーツで行きましたが、高校生の頃見たBlackOutツアーも蘇り、ロック少年気分に戻してくれる素晴らしいライブでした♪

海老名でリアテン
海老名SAで黒胡麻坦坦麺を待つ私にあやすぃ人影が接近!
背景はまったく気にせずとりあえず「はいっ、ヘビーメタール!」カシャ(笑)
DVC00014.jpg

あ、ラーメン延びる前に食わなきゃ・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。